2005年12月24日

Wonderful Christmas Time --- Paul のクリスマスソング

やっぱりこの時期になるとクリスマスソングでしょう。

去年はJohn の Happy Christmas(War is Over)だったので、今年は、Paulの曲。Wings 時代に出した単純なクリスマスソングです。John の曲が、思想色の濃い反戦の歌だったのに対して、さすが、Paul、あっけらかんとした子供のクリスマスの歌です。


続きを読む
posted by 庵里 at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | Paul Solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

STRAWBERRY FIELDS FOREVER - John の幻想的な曲

今日は John Lennon の命日。何とか John の曲をアップしたくて、やっと間に合いました。

ストロベリーフィールズは、John が子供の頃に良く遊んだ孤児園の名前。苺畑という名前の孤児園ということになる。先般この歌で歌われたストロベリーフィールズが閉鎖されるというニュースは記憶に新しい。

ところでこの曲について、John は、ジョンとヨーコ ラスト・インタビューでくしくも語っている。
僕はポールより、ヨーコと一緒にいるほうが長いんだ。いいかい? それなのに、人はいまだにポールのことを聞く。この13年間の僕の人生に最も影響を与えたのは明らかにヨーコ・オノであって、それを除いては何も語れないんだ。しかもこの先まだ40年か50年、もしくはそれ以上生きていく。もっと長いかもしれないけど、そんなことは誰にもわからないし、それがどうしたっていうんだ。 
Strawberry Fields Foreverより引用しました)


わずか40歳で凶弾に倒れるとは思っても見ない時期の発言です。それにしても、この曲は素晴らしい。

ストロベリーフィールズフォーエバー
続きを読む
posted by 庵里 at 22:50| Comment(6) | TrackBack(3) | Album に入れる前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月8日 John Lennon の命日

今日は、John がなくなって25年になりますね。まだ40歳、若すぎる天才の突然の死でした。
25年前、大学生だった私は、友達と話をしているときに、確かこのニュースが飛び込んできました。友達ももちろんビートルズは知っています。

ビートルズは、中学生の頃から大好きでしたが、ほんの少しだけ、ビートルズの現役全盛期には、管理人の成長が間に合いませんでした。タッチの差で、ビートルズが来日したことにも全く興味がなかったのですが、その後、急激に興味を持つようになり、ビートルズの曲を聴きまくっていました。
流石に大学生になると、熱狂的というよりも落ち着いたファンの一人として、John の Double Fantasy や Paul の London Town などをよく聞いていました。

続きを読む
posted by 庵里 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。