2006年11月30日

I Want To Hold Your Hand

I Want To Hold Your Hand は、The Beatles の Single が、全米で初のNo1ヒットになった曲。
英語はすこぶる単純。
日本語題名は「抱きしめたい」だが、原文は、「I want to hold your hand」となっており、「君の手を握りしめたい」、と英国人としてもかなり控えめ。

この頃は正にJohn と Paul の共作という感じで、ピアノの前で鼻を突き合わせて作ったとインタビューで答えている。

すっかり記事の更新が途絶えておりました。
普段の管理人個人とこのサイト「ビートルズ英語塾」を結びつけて知っている人はかなり限られているのですが、意外なところから、このサイトにお褒めの言葉を頂きました。しかも、英語を本業として教えていらっしゃる方からです。実は、その方は、「ビートルズ英語塾」の管理人庵里(もちろん、ハンドルネームです)と個人的なつながりがあるということをご存知ありません。たまたま、連鎖関係詞節を調べていてここにに来ていただいたようです。
この際、このまま黙っていようかなと思っていますが、管理人はかなりミーハーですので、おだてられると直ぐに木に登りたくなります。しばらく更新が途絶えておりましたが、少し気合を入れて(せめて褒めてもらった直後の今日だけは)更新しようと思い立ちました。

とはいえ、思い立って直ぐに気合の入った英語の訳も大変だし、軽い英語を選びました。
以前リクエストを頂いて、半年以上もほったらかしにしていた「I Want To Hold Your Hand(抱きしめたい)」です。

抱きしめたい
続きを読む
posted by 庵里 at 00:52| Comment(1) | TrackBack(0) | Album に入れる前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

Double negative is not English!

二重否定(Double Negative)の使い方を何度か記載してきましたが、最近、仕事でアメリカ人と一緒の会議に参加した際に、一人のアメリカ人が発した言葉です。
直訳すると、「二重否定は英語ではない」。

ところが、このサイトでも紹介しているように、ビートルズの歌詞にも二重否定は何度も出てきます。(破格の二重否定)それどころか Elvis Presley の One Night では三重否定まででてきています。(GETTING BETTER --- 三重否定?!
中学校のときに英語の授業では二重否定は使わないと習いました。それにもかかわらず二重否定がこんなに出てくるのは、使い方を間違うからでしょうか。

続きを読む
posted by 庵里 at 13:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。