2005年12月08日

12月8日 John Lennon の命日

今日は、John がなくなって25年になりますね。まだ40歳、若すぎる天才の突然の死でした。
25年前、大学生だった私は、友達と話をしているときに、確かこのニュースが飛び込んできました。友達ももちろんビートルズは知っています。

ビートルズは、中学生の頃から大好きでしたが、ほんの少しだけ、ビートルズの現役全盛期には、管理人の成長が間に合いませんでした。タッチの差で、ビートルズが来日したことにも全く興味がなかったのですが、その後、急激に興味を持つようになり、ビートルズの曲を聴きまくっていました。
流石に大学生になると、熱狂的というよりも落ち着いたファンの一人として、John の Double Fantasy や Paul の London Town などをよく聞いていました。

そんなときに、このニュースです。とても身近に感じていたミュージシャンが突然凶弾に倒れてしまうということを自分の中で租借するのにしばらく時間がかかったように記憶しています。友達とも、なんだか悲痛な面持ちで話をしたと思います。

このまえ、John が愛した軽井沢という番組を見ました。John はなくなる数年前に3年ほど連続して夏の時期に避暑を兼ねてヨーコオノさんの産まれ故郷である日本を訪れ、そして軽井沢に滞在していたそうです。
まだ小さいショーンと一緒に自転車に乗って毎日パンを買いに行ったり、ホテルの東屋(かな?)で昼寝をしたり、とてもリラックスしてすごす素顔の John を見ることができました。
偉大なミュージシャンであり、ロックのカリスマである以前に一人の父親として、ショーンに接していたあの姿はほほえましくもあります。
出身地である、リバプールを尋ねてみたいのもやまやまですが、こんな身近にいた John の足跡も一度尋ねてみたいものです。

今日はブログに歌をアップする予定でしたが、John の歌で、新しいのを訳しきれていません。ちょっと取り留めのない記事になってしまいました。

いつの日にも輝きをなくさない John の曲を聴きながら、すごしたい一日です。(残念ながら仕事をしてますけど)
John の魂に黙祷。
posted by 庵里 at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10384236
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。