2006年03月31日

I WANT TO TELL YOU ジョージの佳曲

Revolver のアルバムがもう少しで終わりそうです。3月ということで、桜の曲を探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

久しぶりにGeorgeの曲。George にしては珍しい Love Song。それでも、恋愛に落ちているときの恋しい女性に対するほとばしるような気持ちを歌っているのが、なんとも George らしい。

I WANT TO TELL YOU 君に伝えたい

続きを読む
posted by 庵里 at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

Doctor Robert

Album「REVOLVER」からの一曲。John の作曲で、drug を歌っている。

全然関係ないけど、昨日は木星と月が大接近してました。一昨日まで気をつけていたのですが、昨日はうっかりして見すごしてしまいました。2月はしっかりみたのに残念です。

DOCTOR ROBERT

続きを読む
posted by 庵里 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月31日

SHE SAID SHE SAID 有名女優との楽屋の会話

しばらく更新が途絶えてました。

今日は、REVOLVERからの一曲。
この曲は女優ジェーン・フォンダとジョン・レノンが楽屋で話していた内容をそのまま歌にしたものといわれている。ジェーンフォンダはもちろん名優ヘンリーフォンダの娘。80年代の映画黄昏(On Golden Pond)での親娘共演は、長い間の対立からの和解かと言われましたね。さて、会話としては禅問答のような意味不明な会話が続いている。いったい、ジェーンフォンダとジョンレノンはどういう関係だったのだろう。

単語はさほど難しくは無いけど、内容が内容だけに理解するのに苦しむと思う。

SHE SAID SHE SAID

続きを読む
posted by 庵里 at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

TOMORROW NEVER KNOWS

そういえば George の曲が少ないですね。代表曲 Something、管理人が好きな Here Comes The Sun, While My Guitar Gently Weeps あたりにしようかとも思ったけど、Revolover が続いているので、まずはこのあたり。といっても George の曲ではなく、John の作曲。ただし、George が傾倒したインド音楽の香りがとっても濃い時期の1曲。

続きに単語帳と解説があります。

明日は知らない

続きを読む
posted by 庵里 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

GOOD DAY SUNSHINE お日様万歳

Revolver の歌詞も残り少なくなったけど、これは簡単。
単純なラブソング。テンポのいい曲で、ポールがリードヴォーカル。
実は Sunshine には、隠語で別の意味があって、要はドラッグの詩とも言われている。でもここは健全なサイトなので、雨の多い国であるイギリスの、中でも湿潤な気候で綿工業が発達したランカシャー地方リバプール出身のビートルズのメンバーが単純にお日様の光に恋して歌っている詩ととっておこう。そういえば、英国生まれのスポーツは雨でも中止にならないと聞いたことがある。理由は簡単でいつも雨がふっているからだそうな。
George の名曲HERE COMES THE SUN 英国ではお日様は貴重も同じく日差し一杯の気持ちよさを歌った歌。

日差しいっぱいの素敵な一日



続きを読む
posted by 庵里 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月03日

AND YOUR BIRD CAN SING 酉年にちなんで

三が日ですので、今年の干支の酉(とり)にちなんだ歌を考えてみました。White album に入っている Blackbird が多分有名ではないかと思いますが、歌詞が少し怪しいので、Revolver 収録のこの曲にしておきます。こちらの歌詞もなかなか意味深ですけどね。
あまり正月にふさわしい曲ではないかも知れません。

続きに単語帳と解説を入れてあります。

そしてあなたの鳥は歌うことができる




続きを読む
posted by 庵里 at 11:41| Comment(2) | TrackBack(1) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

YELLOW SUBMARINE 初のアニメ映画主題歌

クリスマスとはほとんど関係ないけど、今日はリンゴの歌。
The Beatles は二人の天才が出会ったところに奇跡が生まれて伝説になったというのが管理人の解釈ですが、徹底した職人ドラマーであるリンゴの存在もその音楽を語る上では忘れられません。歌は決してうまくないけれども何曲かリンゴがリードを取っているのは彼の人柄がみんなに愛されていた所以でしょう。
元はRevolverに収録された曲ですが、同名のアニメのテーマソングにもなっています。

続きに単語帳と解説をつけました。

黄色い潜水艦

続きを読む
posted by 庵里 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

FOR NO ONE 失恋の唄

失恋の歌。Up tempo の Rockn' Roll ですね。
歌詞は韻を踏みまくってなかなか秀逸と思います。原詩を載せられないのが残念。
続きに単語帳と解説をいれました。


誰のためでもなく

続きを読む
posted by 庵里 at 21:24| Comment(2) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

HERE, THERE AND EVERYWHERE

この曲も高校生の娘がすぐ好きになったきれいなバラード曲。歌詞の内容は Love Song。とはいっても「あなたが好きよ」という風な単純な Love Song ではなく、いつもそばにいてほしいという表現をやや第三者的に歌っている。
続きに、単語帳と解説をつけてあります。


ここに、あそこに、そしてどこにでも

続きを読む
posted by 庵里 at 21:13| Comment(1) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月17日

I'M ONLY SLEEPING けだるい厭世観?

年頃の高校生の娘は、休みの日になると寝てばかりいます。一日10時間くらいは平気で寝ています。ぴったりの曲があったので、教えてやると、歌詞に感動していました。
曲は単純なバラードですね。けだるい雰囲気で John が歌っています。テープを反対に回した逆回転ギターソロが有名。

ただ眠っているだけ

続きを読む
posted by 庵里 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TAXMAN 英国の重税の歌

Album Revolver の冒頭の曲です。George の歌ですが、当時すでに The Beatles 自身が、英国で相当重税に悩んでいただろうと思わせる内容の曲です。日本では税金の歌なんて考えられないですね。一時期の泉谷(しげる)なら歌ってもおかしくないかな。
続きに訳と解説をつけてあります。中学生と高校生の娘に勉強させるためにつけた解説なので口調が変なところは勘弁してください。

タックスマン(徴税人)
続きを読む
posted by 庵里 at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月16日

Eleanor Rigby 弦楽四重奏をバックにPaulが歌う

高校生の娘の一番のお気に入りの曲です。一度聞いたら忘れられない旋律。歌詞の内容はなんともおどろおどろしいが、旋律はきれい。指揮者のバーンスタインが、The Beatles のメロディはクラシックの曲と比べても見劣りしないくらい美しい。少なくともシューベルトよりは上だといったのは有名な話だけれど、シューベルトって歌曲の王様ですよね。それより美しいってことは、モーツアルトに匹敵するってことかな?弦楽四重奏をバックに Paul が歌っています。続きに単語帳と解説をつけています。管理人が娘のために最初に翻訳した曲です。


エリノア リグビー
続きを読む
posted by 庵里 at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。