ビートルズ英語塾へようこそ!
管理人の庵里です。

ビートルズの歌詞を使って、英語の解説をしています。 娘たちが少しでも英語に興味を持ってくれたらと、始めたサイトです。
趣味でやっているサイトですので、コメント、相互リンクいつでも大歓迎です。

トラックバックもご自由にどうぞ。
アダルト関係とあまり関係のないトラックバックは削除させていただくことがあります。

2006年11月25日

Double negative is not English!

二重否定(Double Negative)の使い方を何度か記載してきましたが、最近、仕事でアメリカ人と一緒の会議に参加した際に、一人のアメリカ人が発した言葉です。
直訳すると、「二重否定は英語ではない」。

ところが、このサイトでも紹介しているように、ビートルズの歌詞にも二重否定は何度も出てきます。(破格の二重否定)それどころか Elvis Presley の One Night では三重否定まででてきています。(GETTING BETTER --- 三重否定?!
中学校のときに英語の授業では二重否定は使わないと習いました。それにもかかわらず二重否定がこんなに出てくるのは、使い方を間違うからでしょうか。

続きを読む
posted by 庵里 at 13:13| Comment(5) | TrackBack(0) | 英語のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月04日

今年の娘たちの本

また今年も夏休みの本です。このブログを見に来てくださるビートルズファンの方には申し訳ないですが、自己注文用ですので、あしからず。

それにしても上の娘は面白くない本を読んでいます。

続きを読む
posted by 庵里 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 娘の学習参考書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

YOU WON'T SEE ME

Paul作の失恋の曲。
RUBBER SOUL のAlbum用に急遽作られた曲。Paul が作ったのがこの曲で、John が持ち寄ったのが、名曲 Girl だという逸話が残っている。

YOU WON'T SEE ME
続きを読む
posted by 庵里 at 18:39| Comment(1) | TrackBack(0) | Rubber Soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

John の愛したフランスパン

随分と更新をサボっていました。久しぶりの更新ですが、まだ英語に取り組む気になれず、今日は先日行った軽井沢のパン屋さんの話です。

続きを読む
posted by 庵里 at 21:01| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

Michelle フランス語のバラード

Michelle は、当時フランスのジャズが流行っていたのを受けて、Paul がボヘミアンクラブでフランス人だと思われたくて作った曲らしい。Paul の印象的な歌いだしに、John がサビの部分「I love you, I love you, I love you.」を提供して、曲としての深みが出ている。Michelle は、John のアートスクールの先生の名前だとインタビューで Paul が答えている。

Michelle には、フランス語の一節が入っているので、今まで、解説をためらっていました。庵里は、フランス語は全くわかりません。まだ、Sie Liebd Dich (She loves you)の方が少しは、土地勘があるんですけどね。ところが、Help! 同名映画の主題歌の記事のコメントで、この曲のリクエストを頂きました。初めてのリクエストなので、これは何とかしなくちゃってことで、Web を調べて何とか解説しています。ただし、英語は難しくないので、ちょっと物足りないかも。

Michelle ミッシェル
続きを読む
posted by 庵里 at 10:20| Comment(9) | TrackBack(2) | Rubber Soul | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。