ビートルズ英語塾へようこそ!
管理人の庵里です。

ビートルズの歌詞を使って、英語の解説をしています。 娘たちが少しでも英語に興味を持ってくれたらと、始めたサイトです。
趣味でやっているサイトですので、コメント、相互リンクいつでも大歓迎です。

トラックバックもご自由にどうぞ。
アダルト関係とあまり関係のないトラックバックは削除させていただくことがあります。

2006年03月31日

I WANT TO TELL YOU ジョージの佳曲

Revolver のアルバムがもう少しで終わりそうです。3月ということで、桜の曲を探してみましたが、残念ながら見つかりませんでした。

久しぶりにGeorgeの曲。George にしては珍しい Love Song。それでも、恋愛に落ちているときの恋しい女性に対するほとばしるような気持ちを歌っているのが、なんとも George らしい。

I WANT TO TELL YOU 君に伝えたい

続きを読む
posted by 庵里 at 22:08| Comment(1) | TrackBack(0) | REVOLVER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

Help! 同名映画の主題歌

Help! は、John がメインになって作られた曲といわれている。冒頭の“When I was young, so much younger than today”は、Paul がアイデアを出してそれを受けて、John が自分のことを書いた曲だそうな。

いつの間にか、2月も終わりです。うっかりしていて、また、2月もこの曲だけになってしまいました。

Help!(助けて!)
続きを読む
posted by 庵里 at 22:53| Comment(3) | TrackBack(5) | Help! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

A HARD DAY'S NIGHT 干支にちなんで

うっかりしていて、1月がもう終わろうとしていることに気がつきました。

今年初めての更新になります。ちょっとばかり出遅れましたが、今年は戌年なので、犬(dog)が歌詞に入っている曲を探して見ました。といっても、歌詞カードを眺めてもなかなか見つからないし、全文検索の検索エンジンを持っているわけでもないし、歌詞そのものもその都度Webからダウンロードしているので、つまるところ、自分の記憶の中の歌詞を探すことになります。
直ぐに思いついたのが、初期の名曲 A Hard Days Night です。dog は比ゆ的に使われているだけですけどね。

つらい日の夜(A Hard Days Night)
続きを読む
posted by 庵里 at 00:52| Comment(2) | TrackBack(4) | A Hard Days Night | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

Wonderful Christmas Time --- Paul のクリスマスソング

やっぱりこの時期になるとクリスマスソングでしょう。

去年はJohn の Happy Christmas(War is Over)だったので、今年は、Paulの曲。Wings 時代に出した単純なクリスマスソングです。John の曲が、思想色の濃い反戦の歌だったのに対して、さすが、Paul、あっけらかんとした子供のクリスマスの歌です。


続きを読む
posted by 庵里 at 22:41| Comment(3) | TrackBack(0) | Paul Solo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

STRAWBERRY FIELDS FOREVER - John の幻想的な曲

今日は John Lennon の命日。何とか John の曲をアップしたくて、やっと間に合いました。

ストロベリーフィールズは、John が子供の頃に良く遊んだ孤児園の名前。苺畑という名前の孤児園ということになる。先般この歌で歌われたストロベリーフィールズが閉鎖されるというニュースは記憶に新しい。

ところでこの曲について、John は、ジョンとヨーコ ラスト・インタビューでくしくも語っている。
僕はポールより、ヨーコと一緒にいるほうが長いんだ。いいかい? それなのに、人はいまだにポールのことを聞く。この13年間の僕の人生に最も影響を与えたのは明らかにヨーコ・オノであって、それを除いては何も語れないんだ。しかもこの先まだ40年か50年、もしくはそれ以上生きていく。もっと長いかもしれないけど、そんなことは誰にもわからないし、それがどうしたっていうんだ。 
Strawberry Fields Foreverより引用しました)


わずか40歳で凶弾に倒れるとは思っても見ない時期の発言です。それにしても、この曲は素晴らしい。

ストロベリーフィールズフォーエバー
続きを読む
posted by 庵里 at 22:50| Comment(5) | TrackBack(3) | Album に入れる前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。